ロゴ
HOME>イチオシ情報>香典返しはマナーを守って準備しよう【相場をチェックすべし】

香典返しはマナーを守って準備しよう【相場をチェックすべし】

香典返し

香典返しを準備する際の心得

香典には相互扶助の意味合いがあり、本来はお返しをしたりするものではありませんでした。一家の働き手を失った場合などには、必ずしも香典返しをする必要はありません。また、頂いた香典を寄附などに充てた場合には、その旨を挨拶上に記載するとよいでしょう。香典返しの表書きは、仏式の場合「志」「忌明」「粗供養」、神式とキリスト教式は「志」とします。送り主名は喪主で、水引は双銀、双白、白黒の結び切りにし、挨拶状を添えます。香典返しを贈るのは、仏式では忌明けの三十五日か、四十九日に、神式では三十五日祭か五十日祭、キリスト教式では1か月後の召天記念日か埋骨後が一般的です。告別式・葬儀から日がありますが、後で慌てないように、葬儀社ともよく相談して、早めに香典返しの品を手配しておきたいものです。

香典返し

香典返しの相場と渡すタイミング

香典返しは、香典半返しといわれるように、頂いた金額の2分の1から3分の1程度に相当する品を贈ればよいとされています。しかし、それぞれの香典の額に応じた品を探すのは大変ですので、頂いた金額をランク別に分けて、それぞれのランクごとに品物を決めるとよいでしょう。近年では、香典の金額にかかわらず、同じ品にすることも増えています。昔の香典の品は、お茶、菓子、石けんなど、飲食や使用によって消耗し、後に残らないものが選ばれましたが、現在では、タオル、風呂敷、シーツ、陶器、漆器など、形が残るものも選ばれるようになりました。連名で香典を出して来た会社などへは、皆で分けて食べられるものがよいでしょう。また、告別式・葬儀に訪れた弔問客に、その場で香典返しの品をお渡しする「当日返し」と呼ばれるケースが、近年では増えています。